「株式会社沖縄データセンター」の紹介

株式会社沖縄データセンター
更新日:2017/10/02
TEL
098-979-1122
FAX
908-979-1133
URL
http://www.okinawa-dc.co.jp
所在地
〒904-2241
うるま市兼箇段61-1
代表取締役
幸田 隆(コウダタカシ)
資本金
3億5,800万円
創立
2012年7月

求める人材へのメッセージ

相手をよく理解し、自分の考えを十分伝えることができるコミュニケーション力が高い人、色々なことに興味を持ち、チャレンジし、創意工夫することができる人、そして常に自己啓発を行い、仕事を通して成長したい人を求めております。

企業PR

クラウドコンピューティングの開発・普及により、県内産業の振興はもとより県外からの産業及び企業の誘致を促進し、将来に向かって競争力ある人材の育成を加速させ、沖縄の地理的特性を活用したリスク分散対策等を通して我が国はもとより広くアジア地域の経済・社会に貢献します。

業務内容・商品・サービス概要

当社はクラウドサービス、回線リセールサービス、セキュリティサービス、運用代行サービス、基盤構築支援サービス、ハウジングサービスの提供を通して、お客様のITに対する多様化するニーズに応え、複雑化する課題を共に解決します。

・ユイマールクラウドサービス(アジアに最も近い沖縄のクラウドサービス!)
 “ゆいまーる”の精神で「互いに協力し、共に成長する」ビジネスの実現を目指し、クラウドでお客様のビジネスをサポートします。

・バックアップサービス(地理特性を生かしたバックアップ・DR対策に!)
 バックアップやディザスタリカバリ対策はもちろん、アジア諸国のカントリーリスクに最適です。

・ハウジングサービス(柔軟なシステム構築を実現!)
 堅牢なデータセンターで大切なシステムをお預かりし、最適な運用を実現します。

保有技術、その他特徴

当社がコンソーシアムの代表企業となり、沖縄県の補助事業を活用し2012年度から3年間で沖縄型クラウド共通基盤システム(総額約15億円)を構築しました。その中で培ったクラウドサービス関連技術及びクラウドセンター運用関連ノウハウが当社の誇る技術です。
また第三者認証としてISMS(2016年4月)、FISCの安全対策基準に基づくJQA情報システム安全対策適合証明(2016年11月)を取得しております。

主な実績・沿革・グループ企業等

当社は、沖縄県内IT関連企業がそれぞれの技術を結集し、仮想化コンピューティングの基盤システムの開発を共同で行い、その技術的成果を「データセンターサービス」として実現するため、2012年7月に県内IT関連企業3社((株)オーシーシー、(株)リウコム、(株)おきぎんエス・ピー・オー)の出資により設立されました。
その後、沖縄振興開発金融公庫、県内地銀3行、沖縄電力株式会社、沖電グローバルシステムズ株式会社をはじめ県内主要企業が出資を行い、オール沖縄体制を目指しております。
沖縄県が新たな成長エンジンとして、うるま市兼箇段に整備した公設民営型の沖縄情報通信センターを活用し、2015年7月より、データセンター事業を展開いたしております。
”クラウドコンピューティング”の開発・普及を推進し、IT関連企業のみならず県内産業のビジネス支援、更には沖縄県の振興、発展に貢献いたします。
写真1