「FPT沖縄R&D株式会社」の紹介

FPT沖縄R&D株式会社
更新日:2017/12/15
TEL
098-861-7311
FAX
098-861-7313
URL
https://www.fpt-software.jp/fpt-okinawa/
所在地
〒900-0015
那覇市久茂地2-8-1
JEI那覇ビル6階
代表取締役社長
梁鴻海(ルン・ホン・ハイ)
資本金
5000万円
創立
2017年7月25日

求める人材へのメッセージ

“ベトナム人をはじめ世界の人々が、日本の「ものづくり精神」と「品質」に大いなる尊敬の念を抱いています。FPT ソフトウェアでは、1万人を超える社員がその素晴らしい精神や技術を自分たちのものにしたいと日本人の「師」の方々から絶え間なく学び、ベトナム人の手で日本品質を作り出せる企業になることを目指して奮励努力をしています。”

企業PR

弊社がご提供できること
・開発コスト高騰:オフショアだから提供できる、競争力のある価格のご提供
・開発リソース不足:オフショアだから確保できる、スケーラブルなリソースの確保
・品質担保:グローバル企業だからできる、世界標準プロセスでの開発
・競争力のある価格

高い生産性と品質、競争力のある価格との組み合わせにより、弊社は費用に見合った価値のある製品及びサービスを提供いたします。

業務内容・商品・サービス概要

弊社の長年のサービス提供実績から得られたベストプラクティスを活用し、いずれのサービスもCMMIレベル5、ISO9001:2015、ISO27001:2015など国際基準に従って行われ、お客様のご要望のレベルのサービスを提供することができます。

弊社は、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、GE Predix等のマーケットリーダーのパートナーとして、幅広い業種で培ってきた高い新技術力かつ高い競争力、堅牢なセキュリティを考慮したサービス・ソリューションで、お客様のビジネスイノベーションをお手伝いします。

製造業のお客様向けに、技術者派遣及び業務請負の形で、各種のエンジニアリングサービスをご提供しており、お客様の社内オペレーションのパフォーマンス向上と運用コストの低減をお手伝いできます。

ITサービス業界での15年間以上の経験により、グローバルなIT人材の必要性を理解しており、そのニーズに対応するための教育サービスやコスト削減に向けたBPOサービスをご提供しております。

保有技術、その他特徴

弊社の長年のサービス提供実績から得られたベストプラクティスを活用し、いずれのサービスもCMMIレベル5、ISO9001:2015、ISO27001:2015など国際基準に従って行われ、お客様のご要望のレベルのサービスを提供することができます。

弊社は、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、GE Predix等のマーケットリーダーのパートナーとして、幅広い業種で培ってきた高い新技術力かつ高い競争力、堅牢なセキュリティを考慮したサービス・ソリューションで、お客様のビジネスイノベーションをお手伝いします。

製造業のお客様向けに、技術者派遣及び業務請負の形で、各種のエンジニアリングサービスをご提供しており、お客様の社内オペレーションのパフォーマンス向上と運用コストの低減をお手伝いできます。

ITサービス業界での15年間以上の経験により、グローバルなIT人材の必要性を理解しており、そのニーズに対応するための教育サービスやコスト削減に向けたBPOサービスをご提供しております。

主な実績・沿革・グループ企業等

お客様の声は下記の通りです。

■日本マイクロソフトはFPTソフトウェアのクラウドの経験と知識を評価します
"FPT社はすでにクラウドマイグレーションに関して10年以上の実績を持つ企業です。そこに期待をし、今回のパートナーシップを締結させていただきました。”
「高橋 明宏 様・執行役員 常務 ゼネラルビジネス担当」

■日立製作所(旧日立アロカメディカル)
"日立アロカメディカル時代の五年間について非常に満足しています。FPTソフトウェアを3つの言葉で表現すると、「団結力」「向上心」「リーダーシップ」です。”
「河野 敏彦 様・診断システム事業部長」

■パナソニックITSはFPTの技術力に感謝します
"FPTを評価します。技術的にも優秀ですが、取り組み姿勢が非常に好きです。難しいことだったり、新しいことに対し、何度も挑戦して頂けました。 ”
「渡辺 様・ソフトウェア開発センター本部長」

■ホンダテクノフォートはFPTの一流サービスに対し感謝しています
"FPTソフトウェアのサービスを採用した理由は、高い技術力、豊富なリソースの2点です。CAE領域では一流の技術を有しており、責任感を持ち、前向きに取り組んでいただけております。”
「大窪 剛 様・取締役常務執行役員」
写真1
写真1
写真4