「“秘められた” 海底ケーブル -沖縄から見る東アジアとの関係」講演のご案内

  • 投稿日:2018年1月15日(月)
  • 更新日:2018年5月28日(月)

平成29年度 京都大学沖縄講演会

「“秘められた” 海底ケーブル -沖縄から見る東アジアとの関係」


京都大学では、伝統的に蓄積してきた高度な学術および知的資源に加え、最先端の教育・研究成果等を広く社会に還元するため、全国で地域講演会を開催しています。
今回は、沖縄県において以下の講演会を開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。

概要


この講演会では、1979年に沖縄と台湾の間に開通した海底ケーブルをとりあげ、事業の経緯、さらにはその後のアジアや世界に与えた影響を考察していきます。なぜ、この海底ケーブルがこれまでほとんど知られてこなかったのか、その理由からいったい何が見えてくるのでしょうか。
1970年代、東アジアの地政学的な関係は大きく変化しました。国際社会への復帰をはたした中国、国際的な「孤立」を迫られた中華民国(台湾)、“本土復帰” を実現した沖縄は、いずれもこうした地域変動の焦点にありました。ところが、こうした変化が通信事業に与えた影響はほとんど知られてはいません。地域や国家がめざす対外政策の変化を浮き彫りにしながら、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 

日時


2018年321日 水曜日(祝日)
1500分~1700分 (開場:1430分)

 

場所


沖縄県青年会館2階大ホール(沖縄県那覇市久米2-15-23

対象

どなたでも参加いただけます。

定員


150名(申し込みによる先着順)

 

講師


貴志 俊彦 氏(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)

 

参加費


無料

 

主催等


主催:京都大学
後援:沖縄県、沖縄県教育委員会

 

申込み(WEB、FAXまたはハガキ)


  1. WEB  コチラよりお申込みください。
  2. FAX または ハガキでのお申込みは、下記の事項をご記入の上、問合せ先までお申込みください。
    • 郵便番号、住所
    • 氏名(フリガナ)
    • 職業
    • 電話番号
    • FAXの方は、FAX番号

締切日


2018年3月7日(水)

 

問合せ先


京都大学 総務部渉外課「沖縄講演会」係
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
Tel: 075-753-2233
Fax: 075-753-2246
E-mail: event*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

 

  

戻る