イベント

終了

投稿日: 2022-03-02更新日: 2022-03-02

【3/15(火)開催】オンラインセミナー

「データドリブン社会を支えるIT企業とは」

エキスパートによるデータ流通ビジネスのマネタイズ事例

多くの大手企業がビッグデータの活用に乗り出し、様々な分野でデータを活用したビジネスが存在しますが、データを収集できても最終目的である事業化までは達していないケースも多く、データ流通ビジネスモデル構築の困難さが浮き彫りになってきました。

データを活用し、経営の意思決定や行政の施策策定の基盤とするデータドリブン社会の時代に向けて、IT産業に必要とされる技術力、人材、マネタイズ方法、ビジネスに活用できるデータの見極め方と収集方法等を紹介します。

プログラム

基調講演
 ①データドリブン社会とは。中小企業でのデータ利活用
  一般社団法人データ社会推進協議会 事務局長 眞野 浩 氏

 ②データドリブン市場をターゲットにしたIT企業のビジネス戦略
  株式会社ディジタルグロースアカデミア 代表取締役社長 高橋 範光 氏

 ③IT企業に求められるデータドリブン社会における技術とは
  KDDI株式会社 ソリューション事業本部 サービス企画開発本部
  5G・IoTサービス企画部 プラットフォームG グループリーダー 佐々木 徹 氏

事例紹介
 ①沖縄県内に於けるデータ利活用事業事例
  株式会社JTB沖縄 事業開発担当マネージャー 萩本 隆志 氏

※各講演のあとに、5分間の質疑応答を設けます。
※途中の休憩時間中に、次年度の補助事業の説明をする予定です。

概要

開催日 2022年03月15日
開催時間 13:00-15:20
開催場所 オンライン(Zoom)
参加条件 対象:沖縄県内IT事業者またはデータ利活用に興味のある事業者
参加費 無料
お申込み方法 「お申込みはこちら」よりお申込みください
※申込期限:3月14日(月) 15時
主催 沖縄県、一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)
お問合せ先 (一財)沖縄ITイノベーション戦略センター
リゾテック推進セクション テストベッドチーム
担当:新里、新垣、仲宗根
電話:098-953-8154
Mail:asia-info@isc-okinawa.org