イベント

開催まであと17日

投稿日: 2021-09-14更新日: 2021-09-14

【9/30参加者募集締切】

オープンデータ活用による那覇市の課題解決アイデアソン

このたび那覇市では、市制100周年を記念して、公共のデータやテクノロジーを活用することにより社会課題の解決を図るアイデアを考え、競うイベント「オープンデータ活用による那覇市の課題解決アイデアソン」を開催します。

アイデアソンとは、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、新たなアイデアの創出を競う短期間で行うイベントのことです。

事前ワークショップも充実しているため、仲間と楽しく学びながらアイデアを出し合い、社会課題解決に向けた取組を疑似体験することができます。

ご興味のある方はぜひご参加ください。皆様のご応募をお待ちしています。


詳細は添付の応募要領又は下記URLをご参照ください。
▼那覇市ホームページのご案内
https://www.city.naha.okinawa.jp/event/kouza/2021opendata_event.html

概要

開催日 2021年10月10日〜2021年11月13日
開催時間 実施期間:2021年10月から2021年11月まで(計4回)
開催場所 スケジュール参照
参加条件 募集定員:30名程度
参加対象:那覇市の課題解決やオープンデータ活用に関心のある那覇市内外在住者(学生・一般不問)
参加形態:チーム参加(1チームあたり2~5名程度)または個人参加
参加費 無料
お申込み方法 申込みフォームよりお申し込みください。
主催 那覇市 企画財務部 情報政策課
お問合せ先 一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター
アクセラレーションセクション
担当:金城 弘毅(きんじょう ひろき)
TEL:080-2711-6238
Mail:hiroki.kinjo@isc-okinawa.org
備考 募集締切:2021年9月30日(木)まで

スケジュール

日時:2021年10月10日(日)14:00~16:00
場所:那覇市IT創造館(又はオンライン)
事前ワーク ショップ①
「事例から学ぶシビックテック」

現代社会において多くの課題が顕在化する中、オープンデータを活用した課題解決および地域活性化の重要性が高まっています。
本ワークショップでは事例を紐解きながら、オープンデータ活用による地域課題解決の必要性と可能性について考えます。
日時:2021年10月31日(日)14:00~16:00
場所:那覇市IT創造館(又はオンライン)
事前ワーク ショップ②
「オープンデータって何があるの?」

那覇市において公開されているデータとはどのようなものがあるのかについて学び、ワークショップ形式でデータ活用アイデア創出の実践演習を行います。
これによって、那覇市の現状と課題を理解するとともに、シビックテックのプロセスを疑似体験することができます。
日時:2021年11月7日(日)14:00~16:00
場所:那覇市IT創造館(又はオンライン)
アイデアソン

上記①②で生まれたアイデアを昇華させるための最終ステップとして、アイデアソン(決められた時間の中でグループごとにアイデアを出し合い、ブラッシュアップさせてその結果を競うイベント)を行います。
日時:2021年11月13日(土)14:00~18:00
場所:那覇文化芸術劇場なはーと(又はオンライン)
プレゼンテーション&シンポジウム

アイデアソンでブラッシュアップされた課題解決案についての最終プレゼンテーションを行います。また、データ活用とその可能性をテーマにシンポジウムを開催します。