進出・企業ガイド

投稿日: 2020-05-01更新日: 2020-05-21

テレワーク

テレワークとは

 テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。つまり、メール、チャット、テレビ会議などのツールを活用し人とインターネット、人と人が繋がることでオフィス以外の場所で働くことが可能になります。テレワークは3つに分けられます。

・在宅勤務
  自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話などで連絡をとる自宅利用型テレワーク。
・モバイルワーク
  顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。
・サテライトオフィス勤務
  勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した施設利用型テレワーク。

 

生活環境や労働環境に合うテレワークを導入してみませんか。
テレワーク導入を検討されている方は、下記サイトをご覧ください。

厚生労働省 テレワーク総合ポータルサイト
総務省 テレワーク情報サイト
(一社)日本テレワーク協会 日本テレワーク協会ホームページ

 

 

テレワーク導入ツール

 テレワークはオフィスから離れて仕事をするため、テレワーク用ツール(情報通信システム)を利用し、テレワーク環境を整備することが必要になります。

厚生労働省 テレワーク用ツール
総務省 ICT環境の整備
(一社)日本テレワーク協会 ソリューション・サービスの紹介

 

 テレワークを導入することで普段何気なく会話ができた空間がなくなったり、会議などの打合せが出来なくなるのではと、コミュニケーション不足を不安に思う方が多くいるかと思います。そこで、ここではよく知られているコミュニケーションツール(Web会議)をいくつかピックアップして紹介します。

Skype
最大50人とオーディオ会議を開催し、さらに、スマートチャットで会話することもできます。
Slack
どんな種類のファイルでも共有でき、過去のファイルでも保存、検索が簡単。チャットツールでは絵文字を作ったりと楽しみながらコミュニケーションができます。

Teams

Microsoftが提供するコミュニケーションツールで、Office主要ソフトとの親和性が高く、WordやExcelファイルを共同で編集できる。またチャット、通話機能がありコミュニケーションを簡単に取ることができます。
学校向けオンライン教室ページもあります。
Zoom
セミナーやミーティングをオンラインで開催するための企業向けアプリで、リアルタイムなメッセージとコンテンツ共有ができます。
LINE WORKS
LINEおなじみのチャットやスタンプはもちろん、ビジネスで活用できる機能を揃えた「ビジネス版LINE」。導入したその日から誰でもすぐに使うことができます。

 

 

テレワーク導入のための助成金や相談窓口について

 テレワーク導入を検討している企業などへ、導入コストのサポートや専門的なアドバイスを行う相談窓口のご紹介になります。

厚生労働省 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)
総務省 令和2年度 テレワークマネージャー相談事業
経済産業省 IT導入補助金2020
令和元年度 補正サービス等生産性向上IT導入支援事業